任意整理

任意整理徹底ガイド|借金問題の解決には任意整理がおすすめ!

任意整理ってどんなもの?

「任意整理」という言葉を聞いたことないでしょうか?任意整理とは、債務整理の方法のひとつです。

 

債務整理とは借金を法的な手続きで減額、またはゼロにする方法です。債務整理には他にも「個人再生」、「自己破産」といった方法があります。他の債務整理方法との違いは、任意整理は裁判所を通さずに債務者と債権者の間で交渉する方法だということです。

 

裁判所を通していないので解決までの期間が比較的短く、費用面でも依頼者の負担が少ないのが特長です。

 

利息や毎月の返済額を減らしてもらい、借金総額を圧縮することで返済が楽になります。弁護士に依頼すれば交渉はすべて弁護士が行ってくれます。また弁護士に依頼することで、督促が一旦すべてストップします。繰り返し書面や電話で督促され、気の休まらない日々を送っていた人は督促が来なくなるだけでも精神的に楽になります。

 

任意整理を行うにあたって、まずは取引履歴をもとに引き直し計算をします。引き直し計算をすることで正確な借金の額を把握することが出来ます。また、過払い金が発生している場合は元本が減ったり、場合によっては借金がゼロになってさらにお金が戻ってくることもあります。

任意整理では何ができる?

任意整理ではどんなことができるのでしょうか?

 

任意整理の場合、裁判所など公的機関を通さないので比較的自由に手続することが出来ます。自己破産や個人再生の場合は全ての債務が整理の対象となりますが、任意整理の場合は一部の債権者を対象から外して整理することも可能なのです。

 

たとえば保証人を立てて借金した場合、その借金を債務整理すると保証人に請求されてしまいます。任意整理であれば、保証人に迷惑をかけないようにするためにその借金を対象から外すこともできます。

 

また、住宅ローンや自動車ローンが残っている場合、ローンを債務整理してしまうと住宅や車を処分しなければならなくなってしまいます。住宅は個人再生でも残すことはできますが、自動車ローンの場合は任意整理以外の方法で車を手元に残すことは難しいでしょう。

 

他にも、債務者の負担が少なく比較的早く解決することができる、自己破産のような資格制限がない、裁判所に出頭する必要がないので家族に内緒で手続きを進めやすいといったメリットもあります。

 

逆にデメリットはあるのでしょうか?

 

任意整理は将来利息のカットや返済期間の見直しをすることはできますが、過払い金が発生していない限り借金の元本そのものを減らすことはできません。そのため他の債務整理の方法に比べると借金を圧縮する効果は低いというデメリットがあります。

 

また、任意整理と言うのはあくまで任意での和解交渉に過ぎません。そのため業者側が交渉に応じてくれないというケースもあるのです。そもそも任意整理に応じたとしても、業者側には何のメリットもありません。ではなぜ交渉に応じてくれるのかと言うと、「破産されて1円も回収できなくなるよりはマシだから」「裁判を起こしたり差し押さえをしても回収できる見込みが薄く、費用倒れになる可能性が高い」という思惑があるためです。

 

しかし、中には「そもそも任意整理の交渉には会社の方針として応じない」と言うところもあるので、任意整理を選んでも必ずしもすべての債権者と和解できるわけではないのです。

 

その他、任意整理をするとブラックリストに載るというデメリットがありますが、これは他の債務整理の方法を選んでも同じです。それどころか自己破産の場合はブラックリストに載るとその後10年間は新たにローンを組んだり、クレジットカードを作ることができないので、それほど大きなデメリットではないでしょう。

任意整理をしたら、その後の生活はどうなる?

では、任意整理をすると、その後の生活にはどのような影響が出るのでしょうか?

 

任意整理後は返済計画に従って残りの借金を返済していくことになります。原則3年間で完済を目指すことになりますが、事情によっては最長5年間での支払いも可能です。また、ブラックリストに5年ほど載るため、その間は新たにローンを組んだりクレジットカードを作ることはできません。

 

借金をすべて返済し終わったからと言ってブラックリストに載る期間は変わりません。そのため、たとえ一括返済して早めに完済してもさほどメリットはありません。

 

5年経過して、ブラックリストから削除されればローンを組んだりクレジットカードを作ることは可能ですが、任意整理の対象となった金融機関やクレジットカード会社は二度と利用できないと思った方が良いでしょう。

 

ブラックリストの「登録期間5年」というのは、あくまで信用情報機関での登録期間のことです。これとは別に、各金融機関などでは自社独自の「社内ブラックリスト」を作っています。社内ブラックリストには利用者の事故情報が半永久的に残るため、その業者の審査に通ることが難しいのです。

 

任整理の対象ではない業者であればローンを組んだりクレジットカードを作ることは可能です。

 

それ以外には影響を受けることはありません。保証人になっていない限り家族に影響することもありません。お子さんの進学や就職に支障があるといったこともありません。ただし、ブラックリストに載っている間は奨学金や教育ローンの利用に制限がかかる場合があります。

 

任意整理は負担も軽く、メリットも多い債務整理方法です。借金が返せず手遅れになる前に、早めに任意整理することをおすすめします。

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ